シミをどうにかしたい!ケア方法を探る

シミケア画像

30代前半の私。最近目下で気になるのがお肌のシミです。

10代、20代前半と特に紫外線対策をしなかったのが悔やまれます。

ましてや紫外線量の多い沖縄で・・。

悔んでも仕方がないので、これ以上酷くならないように対策ヤケア方法を勉強しました!

紫外線対策について学んでみた

シミの原因は紫外線やストレス、ホルモンのバランスなど色々ありますが、やはり大きく影響を与えているのは紫外線でしょう。

南に行くほどに紫外線量が多くなり、沖縄は年がら年じゅう強い紫外線が降り注いでいます。

紫外線はUVAとUVB、2種類の波長からできています。
UVAは肌の奥まで届く長い波長をしていて、UVBは肌表面に作用する波長を持っているのが特徴です。
たるみやシミの原因となるUVA、日焼けの原因となるUVBですが、シミの原因に関してはUVA・UVBの両方とも関係しています。

日焼け止めクリームはSPF50のPA++++が最大値で、SPFの数値が高いほどUVBをカットする効果が、PAの+が多いほどUVAをカットする効果が高くなります。

シミを徹底して予防するならできるだけ高い数値の物を選びたいですが、肌負担の事を考えると、日常のシーン応じて日焼け止めの数値は選んだほうがいいです。

例)外へ買い物へ出かける・・SPF20~30 PA++~+++
  マリンスポーツやレジャー、屋外で運動・・SPF50 PA++++ など

日焼け止めクリームは数値の高い低いに関わらず、2~3時間置きに塗り直さないと効果が発揮されないので要注意!

日焼け止めにプラスして、シミ予防になるのは飲むタイプの日焼け止めです。
紫外線を受けるとシミの元になる活性酸素が体内で発生しますが、飲むタイプの日焼け止めは活性酸素を除去する効果があるからです。

あーこれ20代の内に知っておくべきだった(泣)

その他、帽子や日傘などをプラスするとバッチリです!

基礎化粧はどうする?

スキンケア用品もシミに効果のあるものを選びましょう。

基本的に美白効果があるものはシミにも効果的です。

<シミに効果的な美白成分>

・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・アルブチン
・カモミラET
・コウジ酸

上の成分はシミにも効いてくれるので、スキンケアに迷ったらこれらの成分が配合されている物を選ぶとGOOD。

美容は内から!ってことでシミに効く食材は

美は食から作られます。
シミに効果的な栄養素(食べ物)を挙げていきますね。

・ビタミンC(イチゴ、パプリカ、ブロッコリー、キウイなど)
・ビタミンA(にんじん、かぼちゃ、レバーなど)
・ビタミンE(アーモンド、アボカド、オリーブオイル)
・ポリフェノール(ココア、豆乳など)

シミの元となるメラニン色素は、本来なら古い角質となって自然に排出されるもの。栄シミの原因はいろいろありますが、栄養不足や加齢によって肌のターンオーバーが乱れたり遅くなったりすると、メラニンが定着してシミができてしまうのです。
シミを改善して予防するには、メラニンをできるだけ排出できるようにターンオーバーをスムーズにし、老化の元となる活性酸素をできるだけ除去したいところ。
適切な食事で栄養がしっかりとれると、ターンオーバーがスムーズになり、活性酸素も除去されます。

最終手段は医療レーザーだ!

セルフケアでもシミの改善や予防ができますが、どうしても消えない頑固なシミや、将来できるシミをとにかく抑えたい場合は医療レーザーがかなり効くようです。
私の友人は医療レーザーを定期的に行っていますが、今の所シミひとつないキレイな肌をしています。
できるだけ自分でケアして、どうしてもダメなら医療レーザーがあると思うとちょっと心強いです(笑)
シミをケアしてアンチエイジング頑張りましょう!