ブラジリアンワックスのメリット・デメリットを考察

ブラジリアンワックス

脱毛!といえばサロンの光脱毛か、クリニックの医療脱毛を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか?

ですが今密かに人気が高まり、私が最近試してきた脱毛があります。

それはブラジリアンワックスです。

ミツロウでできているワックスを使い、毛を根っこから脱毛する方法で、ブラジル人がVIOをワックスを使って全処理することから着いたネーミングがブラジリアンワックス。

ワックスを使った脱毛は、アメリカなど欧米ではとてもポピュラーな脱毛方法。

ブラジリアンワックスはアンダーヘア脱毛のイメージもありますが、実は全身につかえるんですよ。

セルフでもできるので、日本でいうカミソリや毛抜きで行うムダ毛処理と同じ感覚で行なわれているみたいです。

沖縄はアメリカ軍の基地が集中しているので、海外の人が多いですよね。そのためブラジリアンワックスの専門店も多々あります。

今回はブラジリアンワックスを実際に行って感じたメリットやデメリットをまとめてみました!

<ブラジリアンワックスのメリット>

・1回の施術でツルツル感を堪能できる

最初でも少し触れていますが、ブラジリアンワックスで使うワックスはミツロウからできていて、空気に触れて少したつと固まる性質をしています。
脱毛したい部分にワックスを塗り、専用のシートを貼り付け乾いた所で一気にべリっと剥がして毛を根っこから脱毛します。
毛を根こそぎ抜き去るので、1回の施術でツルツルになれますよ。
とくにアンダーヘアの毛は1本が濃く太いので、カミソリで剃った後に少し伸びてくるだけでチクチクしてしまいます。
ブラジリアンワックスなら不快なチクチク感もなくキレイにアンダーヘアを処理できるんです。

・毛質が柔らかくなる

スタッフさん曰く、ブラジリアンワックスで脱毛を続けると、毛質が柔らかくなるようです。特に沖縄の人のように太く濃い毛質は変化が顕著なんだとか。
毛質が柔らかくなる理由は、毛を根っこから無理矢理抜き去るので毛根が変形し、毛質が変化するようです。少々荒っぽい理由ですが、猫っ毛になる人もいるよう。

・光脱毛(機種による)と併用できる

ブラジリアンワックスは光脱毛と併用もできます。
併用できる光脱毛はSHR脱毛です。
ブラジリアンワックスは毛を無理矢理抜く形になるので、毛周期を狂わせてしまうため基本的に光脱毛とは併用できませんが、毛周期に合わせて脱毛をしないSHRであれば併用も可能なのです。
脱毛しながらツルツル感も味わえるのはいいですよね。

<ブラジリアンワックスのデメリット>

・痛みが強い
ブラジリアンワックスの方法を聞くだけでお気づきかもしれませんが、この脱毛法はかなり痛いです・・。
何度も施術を重ねていくうちに痛みは軽減されるようですが、毛が濃く多い人は痛みを覚悟しなければいけません。

・永久的に通う必要がある

ブラジリアンワックスは光脱毛や医療脱毛のように、毛を減らしたら無くしたりする効果はないので、ブラジリアンワックスにはゴールはありません。
ブラジリアンワックスのみでこれから脱毛しようとなると、カミソリや毛抜きの自己処理の用に永久的に行わなければならないです。

・ある程度伸びないと施術できない

ブラジリアンワックスは、ある程度毛が伸びた状態でなければなりません。
1度毛を抜き、ちょっと伸びてきても最低1センチは伸びていないと脱毛できないのです。なぜなら毛が伸びた状態でなければワックスが毛に絡まず毛が抜けないから。
毛が伸びてきた状態がガマンできない人にはじれったいかもしれませんね。

・アフターケアを怠ってはいけない

ブラジリアンワックスは、毛を根っこから抜くと同時に古い角質も一緒に取り去ってしまいます。そのため施術後3日間は皮膚がデリケートな状態に。
雑菌が繁殖すると毛膿炎が沢山できてしまう可能性があるので、清潔な布や清浄綿でこまめにふき取り、ローションやオイルで保湿を行なわなくてはいけません。
アフターケアさえすればキレイな状態を保てますよ。

いかがでしたか?ブラジリアンワックスに興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね!